上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十云年ぶりに宮部の「火車」を再読している。
当時読んだときから、この人って巧いなとは思っていた。が、今読み返すと、文章やプロットの巧みさよりも、文章のひきの強さに圧巻され、今日など溜め息したのち鳥肌がたった。しばらく唸る以外できなかった。

ここ最近、くだらない手合いにうんざりさせられ気分は下々だったが、そんなことで滅入っている場合じゃない。もっとたくさんの本が読みたい。

次に控えているのは、君が絶対に好きだからという番頭のお墨付き、森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」と、万城目学の「鴨川ホルモー」。「火車」のあとにミステリは読みたくない(おそらく、何を読んでも物足りない)と思っていたので丁度いい。

余談だが、森見の「きつねのはなし」は大好きなテイストだった。まさに幻想小説といった味わいで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。