映画「姑獲鳥の夏」で改めてその監督の名を目にした方もいるかもしれない。そして、その不安定で美しい映像に感激されたのではないかと思う。がしかし、実相寺昭雄の真骨頂を味わうなら「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「帰ってきたウルトラマン」などのウルトラシリーズ、もしくは「怪奇大作戦」「シルバー仮面」といった作品を観なければ始まらないのだ。子供番組なのに子供を無視したような演出とカメラワーク、当時のテレビ局からはナンジャコリャ扱いされたに違いない映像美をご堪能いただきたい。

丁度、一昨日からケーブルテレビで「シルバー仮面」の再放送が始まったばかりである。こちらは脚本家・佐々木守(少女マンガ的には、「ソルジャーボーイ」(川原由美子)の原作者ですね)との強力コンビによる作品で、特撮なのに人間ドラマのほうが色濃く映し出されている。そりゃあ子供たちは裏番組の「ミラーマン」を観ちゃうでしょってな暗さだが、超オススメ。「傷だらけの天使」みたいなロードムービーっぽさも花丸な感じです。ともあれ。監督のご冥福をお祈り申し上げます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック