上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豹頭の仮面―Guin saga 1 (1979年) (ハヤカワ文庫―JA)豹頭の仮面―Guin saga 1 (1979年) (ハヤカワ文庫―JA)
栗本 薫

早川書房 1979-09
売り上げランキング : 1808354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『グイン・サーガ』との付き合いは35年くらいになろうかという自分ですが。
良い読者であったのは40巻くらいまでかなあ。そのあとはけっこう惰性で読んでいる感じでした。友人たちも、このあたりで挫折した方が多かったように思います。
読むのをやめた理由は人それぞれ、自分の中にも不満は多くありましたが、それでもなんだかんだで今まで付き合い続けているのは、この作品の魅力にそれだけとらわれてしまったということなのでしょう。

栗本薫の没後、グイン・サーガは五代ゆう、宵野ゆめの2人によって書き継がれており、こちらも(発行ペースからかなり遅れてですが)読み続けています。
文章や筋の運びについて、全盛期の栗本薫には比ぶるべくもないにしろ、少なくとも低迷期の彼女よりは読ませますし、何よりテンポ良く話が進むのに好感が持てます。
プレッシャーは甚大でしょうが、おふたりには今後も完結に向けて健筆をふるい続けていただきたいと思っています。

で、実はこちらが本題のつもりだった、図書館での既刊の置き場所について。
同じシリーズなのに、著者別に3カ所に分かれちゃってるんですよ。
そういうルールなのかもだけど、やはりまとめるのが筋だし、探すほうのためにもなるんじゃないかな。
あるいは、これってうちの地元の図書館だけ?



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。