上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カリオストロ伯爵夫人』を読みました。「カリ城」の元ネタですね。

前回エントリーはホームズで、今回はルパン。
時間が巻き戻ったみたいですが、今読んでも面白いですよ。


カリオストロ伯爵夫人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)カリオストロ伯爵夫人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
モーリス・ルブラン 平岡 敦

早川書房 2005-08-09
売り上げランキング : 212468

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



もとい、『カリオストロ伯爵夫人』。
この作品は初読です。というか、ルパンを読んだのはほとんどがポプラ社の少年向けシリーズで。
あの、南洋一郎翻案のやつですが。
そのポプラ社版でも未読作品の1つだったので、こんな話だったのかぁとマジで驚きました。
全作品とまではいわないまでも、ルパンシリーズをある程度追っていきたいという読者には必読かもしれません。

引き続き、"カリオストロ4つの謎"つながりで『奇巌城』を読み始めました。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。