上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/27に推理作家の佐野洋が亡くなりました。
本来そこで一言書くべきところ、身辺慌ただしく、このタイミングになってしまいました。


推理日記FINAL推理日記FINAL
佐野 洋

講談社 2012-12-19
売り上げランキング : 359676

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


佐野洋といえば、『推理日記』を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
本人は同シリーズを代表作とされることを是としていたようですが、やはり本音では残念な思いもあったかと思います。推理作家の代表作が小説ではないんですから。
かくいう自分も、佐野洋の既読小説作品は、アンソロジーで出会う短編の他は『一本の鉛』を読んでいる程度。一方で『推理日記』の、特に講談社文庫のI・IIは、くり返し、くり返し、くり返し読んだものです。

平地に乱を起こすきらいがあったにしろ、そこが間違いなく読みどころでもあったんだよなあ。

ご冥福をお祈りします。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。