上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら伊藤計劃『虐殺器官』を読み終えたのが一昨日のこと。
後書きにもありますが、この作品と小松左京賞の最終候補を争ったのが円城塔の『
Self-Reference ENGINE』なんですよね(受賞作はなし)。
で、その円城塔がこのたび芥川賞を受賞したと。

受賞後の大騒ぎの中で、きっと亡きライバルに思いを馳せたことでしょう。


虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
伊藤 計劃

早川書房 2010-02-10
売り上げランキング : 753

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



Self-Reference ENGINE (ハヤカワ文庫JA)Self-Reference ENGINE (ハヤカワ文庫JA)
円城 塔

早川書房 2010-02-10
売り上げランキング : 313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。