上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
番頭です。
元日だけ休んで、あとはずっと仕事してます。
今年も頑張りますよ!

さて、
年明け早々、芥川賞と直木賞の候補作が発表になりました。

asahi.com :芥川賞・直木賞候補決まる 道尾秀介さんは5期連続
第144回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が発表された。芥川賞は批評家として「もてない男」などのベストセラーがある小谷野敦さんや26歳の大学院生、朝吹真理子さんなど多彩な顔ぶれとなった。直木賞には「このミステリーがすごい!」の国内編1位となり、すでに山田風太郎賞を受けている貴志祐介さんの「悪の教典」や道尾秀介さんなどが候補に選ばれている。道尾さんは第140回以来5期連続の候補入りとなり、戦後の直木賞では最多連続候補記録となった。



貴志祐介が◎で間違いないとこでしょうね。
荻原浩がまだ獲ってないというのが、ちょっと意外です。

飽くまで世評を参考にしてですが、道尾秀介はこの作品での受賞はないような気がします。
が、必ずしもノミネート作品の出来が受賞の決め手になるわけでもなし。

選考会は17日に開かれるそうです。
ダブルがあるかな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。