上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※旧「番頭日記」からの転載です。

題名 :バイバイ、エンジェル
著者 :笠井潔
Data :角川書店
目録 :国内ミステリ/単行本/か


笠井潔のデビュー作で、矢吹駆シリーズ第1作。
第2作の「サマー・アポカリプス」を最高傑作に推す人は多いけど、番頭はこれがいちばんのお気に入り。
主人公の駆と、ワトソン役のナディアを始めとするレギュラー陣とのあいだの、適度の緊張を孕んだ距離感がいいんだよね。
それと犯人のキャラクターの設定も、この作風に合っている。

第5作の「オイディプス症候群」はどうしちゃったのって感じだったけど、「バイバイ、エンジェル」から第4作「哲学者の密室」まではどれも面白いので、ぜひ読んでみてほしい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。