毎日jp :芥川・直木賞:赤染晶子さん、中島京子さんに
第143回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が15日、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は赤染晶子さん(35)の「乙女の密告」(新潮6月号)、直木賞は中島京子さん(46)の「小さいおうち」(文芸春秋)に決まった。ともに初ノミネートだった。


直木賞の予想は半分外れてしまいました。
中島京子本命ってとこだけ当たり。

しかし、両賞とも初ノミネートでの戴冠ですか。
受賞が妥当なレベルに達していながら巡り合わせで獲れない作家もあれば、こうして一発クリアする作家もある。むぅ。
落選した諸氏には、次回に向けて僭越ながらエールを送らせていただきます。
がんばれ!


ps:
ところで伊坂幸太郎って、生涯絶縁宣言したわけじゃないですよね?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック