こんにちは。番頭です。

今年の本屋大賞が決まったようです。

大賞『天地明察』 冲方丁
2位 『神様のカルテ』 夏川草介
3位 『横道世之介』 吉田修一
4位 『神去なあなあ日常』 三浦しをん
5位 『猫を抱いて象と泳ぐ』 小川洋子
6位 『ヘヴン』 川上未映子
7位 『船に乗れ!』 藤谷治
8位 『植物図鑑』 有川浩
9位 『新参者』 東野圭吾
10位『1Q84』 村上春樹

去年までに比べると賞に対する風当たりも弱いようですね。
個人的には、相変わらず一般の文学賞の並び替えにすぎないと思うのですが、たしかに去年の『ゴールデンスランバー』よりは説得力はあるかもしれません。

『天地明察』、年初に図書館に予約を入れたんですが、ようやく次に回ってくるようです。
楽しみです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック