上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

asahi.com :直木賞に佐々木譲・白石一文の2氏 芥川賞「該当なし」
第142回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が14日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、直木賞に佐々木譲(じょう)さん(59)の「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」(文芸春秋)と白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)が選ばれた。白石さんの父は直木賞作家の故白石一郎さんで、初の親子受賞となる。芥川賞は1999年の第121回以来の該当作なしと決まった。



直木賞はとっくに獲っていておかしくない2人が受賞。
それぞれ、違った意味で感慨深いでしょうね。

受賞作は未読ですが、佐々木譲の警察小説は3冊読んでいます。これが、従来の彼のイメージとは異なり、いずれも重厚感に欠けるんですよ。『警官の血』も含めて。
そういう意味では、イメチェンに成功したことが、ここにきて連続ノミネート→受賞に繋がったのかもしれません。
白石一文は初の親子受賞。そうか、初なのか。

芥川賞は作品の完成度よりそのモチーフ、もしくは作者のプロフィールが決め手になりがちなので、今回は候補の顔ぶれからダブルもあるかなと思っていたのですが、なんと該当なしというオチでした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
オリジナル・アレンジフラワー販売^^v
2010/01/15(Fri) 17:53:51 |  花ギフト館のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。