上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライム・シリーズの最新作『ソウル・コレクター』を読了しました。
『ゴールデン・スランバー』、『1Q84』(未読ですが)と、今はこのテーマがトレンドなのでしょうか。
ちなみに、本作には『1984』からの引用があったりもします。

ソウル・コレクターソウル・コレクター
(2009/10/29)
ジェフリー・ディーヴァー

商品詳細を見る

前作『ウォッチメイカー』が良すぎたということもありますが、このシリーズとしてはBクラス。
敵がやっぱり弱いかな。真の敵は別にある、という言い方もあるでしょうけど。

来年はキャサリン・ダンスの2作目が翻訳されそうですが、1作目が今ひとつだったので現時点では躊躇があります。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。