番頭です。

YOMIURI ONLINE :吉川英治文学賞に奥田英朗さん「オリンピックの身代金」
第43回吉川英治文学賞(吉川英治国民文化振興会主催)は4日、奥田英朗(ひでお)さん(49)の「オリンピックの身代金」(角川書店)に決まった。副賞300万円。第30回同新人賞には、朝倉かすみさん(48)の「田村はまだか」(光文社)と柳広司さん(41)の「ジョーカー・ゲーム」(角川書店)が選ばれた。副賞各100万円。


たまたま知人に借りて『オリンピックの身代金』を読んでいるところです。

オリンピックの身代金オリンピックの身代金
(2008/11/28)
奥田 英朗

商品詳細を見る


まだ150Pほどで先々の展開は予想も付きませんが、今回の受賞は『蟹工船』に脚光が当たる時代、というのがいくらか関係してるのでしょうか?
ともあれ、緊張感もあって読み応えのある小説ですので、引き続き楽しみたいと思います。

新人賞では『ジョーカー・ゲーム』が既読です。
こちらはシリーズ続編が期待されますね。今回の受賞で、それも現実味を帯びてくるかな?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック