上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSN産経ニュース :芥川賞と直木賞の候補作決まる 山崎ナオコーラさんらノミネート
第140回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が決まり、5日付で発表された。芥川賞候補には、昨年公開の映画「人のセックスを笑うな」の原作で知られる山崎ナオコーラさん(30)や、川端康成賞と三島由紀夫賞を昨年受賞した田中慎弥さん(36)ら6人、直木賞候補には天童荒太さん(48)ら6人が選ばれた。選考会は15日、東京・築地の新喜楽で開かれる。


候補作は以下のとおりです。

【芥川賞】
 鹿島田真希「女の庭」(文芸秋号)
 墨谷渉「潰玉」(文学界12月号)
 田中慎弥「神様のいない日本シリーズ」(文学界10月号)
 津村記久子「ポトスライムの舟」(群像11月号)
 山崎ナオコーラ「手」(文学界12月号)
 吉原清隆「不正な処理」(すばる12月号)

【直木賞】
 恩田陸「きのうの世界」(講談社)
 北重人「汐のなごり」(徳間書店)
 天童荒太「悼む人」(文芸春秋)
 葉室麟「いのちなりけり」(文芸春秋)
 道尾秀介「カラスの親指」(講談社)
 山本兼一「利休にたずねよ」(PHP研究所)

芥川賞。山崎ナオコーラなら、番頭も知っています。
直木賞は、今さら恩田陸なのか、天童荒太なのか。ニューフェイスの目はあるのか。

前回、予選段階で辞退した伊坂幸太郎は、あれは第139回限定の辞退なんでしょうか、それとも期間限定(気持ちに余裕が生まれるまで、とか)の辞退?
絶縁宣言という強い感じは受けなかったけど…。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。