共同通信 :伊坂さん直木賞予選前辞退 「ゴールデンスランバー」人気作家の伊坂幸太郎さん(37)が、自作の「ゴールデンスランバー」(新潮社)について、15日に選考会が行われる直木賞(日本文学振興会主催)の選考対象となることを辞退していたことが7日、分かった。


「名」の部分では未だ直木賞だとしても、「実」はすでに山本周五郎賞に移っている――ということもあるのかもしれないし、今さら直木賞でもないと思ったのかもしれないし、文春や選考委員に含むところがあるのかもしれませんが、いずれにしても本命が辞退していた事実が明らかになったことで、いっそう直木賞の権威が失われることは間違いありませんね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック