今年上半期の芥川賞、直木賞の候補作が決まりました。

時事ドットコム :芥川、直木賞候補決まる
第139回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が2日、発表された。芥川賞は磯◆(山へんに竒)憲一郎さん、木村紅美さん、羽田圭介さんの3人が初候補で、中国人の楊逸さんは前回に続き2度目。直木賞は新野剛志さんと和田竜さんが初。和田さんはデビュー作でノミネートされた。選考会は15日に行われる。


候補作は以下のとおりです。

【芥川賞】
 磯崎憲一郎『眼と太陽』 (「文藝」夏号)
 岡崎祥久『ctの深い川の町』 (「群像」6月号)
 小野正嗣『マイクロバス』 (「新潮」4月号)
 木村紅美『月食の日』 (「文学界」5月号)
 津村記久子『婚礼、葬礼、その他』 (「文学界」3月号)
 羽田圭介『走ル』 (「文藝」春号)
 楊逸『時が滲む朝』 (「文学界」6月号)

【直木賞】
 井上荒野『切羽へ』 (新潮社)
 荻原浩『愛しの座敷わらし』 (朝日新聞出版)
 新野剛志『あぽやん』 (文藝春秋)
 三崎亜記『鼓笛隊の襲来』 (光文社)
 山本兼一『千両花嫁 とびきり屋見立て帖』(文藝春秋)
 和田竜『のぼうの城』 (小学館)

直木賞は実績の荻原浩、話題の和田竜、連続ノミネートの井上荒野の争いと見たいところですが、文春刊の2冊が不気味ですね…。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック