MSN産経ニュース :川上未映子『乳と卵』に芥川賞 直木賞は桜庭一樹『私の男』
第138回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は川上未映子氏の「乳(ちち)と卵(らん)」(「文学界」12月号)、直木賞は桜庭一樹氏の「私の男」(文芸春秋)に決まった。


いずれも本命が受賞。
ご本人はもちろん、ファンの皆さんも、おめでとうございます。
ただ、やはりどちらも文藝春秋刊というのが印象悪いですね。

以下に受賞者おふたりの一問一答があります。

 【芥川賞】川上未映子 一問一答
 【直木賞】桜庭一樹 一問一答

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック