角川書店刊『増刊エースAアサルト』で、森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』がコミック化されるそうです。

TOKIKAKE

絵は『時をかける少女』のコミカライズを担当した琴音らんまる。
つまり↑な絵です。

確かに実写映像化よりはコミックやアニメのほうが無難でしょうが、それでもあの独特の雰囲気をうまく再現できるかな?

とりあえず立ち読みします。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック