上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。番頭です。
MSN産経ニュース :「犬神家の一族」生原稿など2600点 横溝正史の資料みつかる
作家、横溝正史の旧宅から「犬神家の一族」「八つ墓村」の生原稿や下書き約5000枚など計約2600点の所蔵品が見つかり、収蔵先の二松学舎大(東京)が20日、報道関係者に公開した。
未発表の短編「霧の夜の出来事」のほか、映画化、ドラマ化した際の脚本、執筆の際に“種本”とした洋書、洋雑誌なども含まれている。

いかに大作家といえど、発表がためらわれてお蔵入りした習作、あるいは個人的書簡が、本人の死後公開されるのはどうかといつも思います。
有名税だ。だいたい死者にプライバシーなんぞない、と言われるかもしれませんが。

横溝ならずとも、死後読まれると恥ずかしい文章は、今のうちに抹殺しといたほうが吉でしょうね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。