「キミ、中井英夫 読むの?」

阿佐谷の某酒場で、妻(黒猫亭店主)と飲みながらミステリ話をしていたときのこと。
臨席から、そう問いかけてきた方がありました。
今を去ること10年、黒猫亭を立ちあげるちょっと前の出来事です。

声の主をうかがえば、ダンディな初老の紳士。
それが山口剛さんでした。

話せばワセミスの創設メンバーらしく。当たり前だけど、こちらの数倍(数十倍?)の知識をお持ちで。酔いに任せて国内外のミステリの話や、当然ですが今度はじめる黒猫亭について、楽しくやりとりさせていただいたものです。

その後、高円寺の某飲み屋でたまさか(剛さんの口グセ)再会。今も親しくしてもらっています。
元日テレのプロデューサーというのは聞いていたんですが、子どもころ熱中した『太陽にほえろ!』や『大都会』、『大追跡』を担当していたのを知ったのは再会後のこと。火サスの生みの親というのも、かなりあとになってから、共通の知人から教えてもらいました。

さて、
そんな山口剛さんの代表的な仕事といえば「NTV火曜9時枠」。『大都会』シリーズが放映され、のちに火サスに吸収される枠ですが、こいつに思いきり特化したムック『NTV火曜9時 アクションドラマの世界』が4月に発売になりました。


NTV火曜9時 アクションドラマの世界 『大都会』から『プロハンター』までNTV火曜9時 アクションドラマの世界 『大都会』から『プロハンター』まで
山本 俊輔 佐藤 洋笑

DU BOOKS 2015-04-10
売り上げランキング : 94247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さらにっ、
この本の発売を記念して、高円寺の古本酒場コクテイルで、7/5に発刊記念大鼎談が行われることになりました!!
鼎談後には懇親会もあるようです。興味のある方、オールドファンの皆さん、足を運んでみてはいかがでしょう。

思えば、黒猫亭の刻んだ歴史(大げさ)は、剛さんと知り合ってからの時間に等しいのですね。



ハンニバル」のシーズン2を一挙放送するというので、スターチャンネルに加入したのですが、第1話から録画を失敗してしまいました。
原因は、ジェイコムのHDD付きチューナーの不調。前に使っていたパイオニア製、ほとんど使わないうちにドライブが故障しちゃいまして。どうやらよくあることらしく、今回はクレームが少ないというパナソニック製にしてもらったのですが、不安定なことには変わりなし。
やはり、録画機器は自前で用意する手ですね。

で、ハンニバル。
3話からはなんとか録画できているみたい。1~2話はレンタルして観ることにします。

スターチャンネルは来月(2カ月目)で解約するつもりです。
責任はジェイコムにあるにしても、一発勝負の録画に失敗するでは仕方ないところですよね。