お久しぶりの番頭オススメです。

題名 :ギャラリーフェイク
著者 :細野不二彦
Data :小学館 ビッグコミックス 全32巻
目録 :青年コミック/は行

ストーリーはミステリタッチですが、あえていうならアートコミックとなるでしょうか。細野不二彦の最長長編で、質量ともに彼の代表作、最高傑作といっていいでしょう。
ぼく個人にとっても、『あどりぶシネ倶楽部』『BLOW UP!』と並ぶ、細野作品ベスト3のひとつになります。
長丁場だけに設定に矛盾が出てきたり、後半は絵も荒れてきますが、総じてハズレのエピソードは少なく、読み応えも満点。ぜひ、通しで読んで欲しい作品です。