FC2ブログ

緊急事態宣言が出され、ロックダウン状態になったとき、流通はどうなるのか?
今までどおり、郵便や宅配便の配達は行われるのか?

窓口の混乱を考えると、利用品目の制限が行われそうだけど、そもそもハガキを除く郵便物は梱包されているのが前提。
中に何が入っているのかについては性善説で守られているため、それっぽい品目を書いておきながら実は……なんてことも出てきそうです。

想像ですが、混乱を避けるため、オークションサイトには国から縮小要請が出るかもしれない。
Amazonや楽天などのショッピングモールは、出品品目に制限をかけてくる可能性もありますね。
個人のネットショップも、取扱品によってはなんらかの対応を迫られそう。

生活必需品の流通を守るため、趣味嗜好品は控えめにね、とか。

書籍やペット用品なんかは、我が家的にはとても重要なアイテムなんですが、これらは人によって○×が分かれそうです。

今の政府はそこまで想定してないと思いますが、いざロックダウンとなった場合には、いろいろと工夫や忍耐が必要になってくるうかもしれませんね。

がんばりましょう。


昨秋の消費増税に合わせて値上げしたクリックポストが、また値上げされるらしい。
今回は188円→198円。

それでも定形外に比べれば安いのは間違いないので、これからも積極的に利用することになるでしょうが、この金額で落ち着くとも思えず。またしばらくしたら値上げするんだろうなあ。

薄利少売の当店には、ますますきつい時代の到来です。


新年あけましておめでとうございます!

旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。


★年末年始の営業について★
年末年始もご注文は承っておりますが、銀行・郵便局の休業中は対応が遅れます。
本格稼働は1/6(月)になるかと思います。


最近になって、受注確認メール(注文が入ったときにカート運営会社が自動発信する受注内容を記載したメール)が届かない旨、お客様からご連絡を受けることが増えました。

そこでカートを運営するおちゃのこネットに問いあわせたところ、送信サーバーのドメイン(@***.ocnk.net)と、メールアドレスのドメインが違うと、受信サーバー側で迷惑メールとして処理される可能性があるとのこと。
これはその通りなので、先ほど当店のメアド(独自ドメイン@kuronekotei.com)をおちゃのこネットのもの(@kuronekotei.ocnk.net)に変えてみました。

これでおそらく大丈夫かと思うのですが、もし今後も受注確認メール、あるいは発送メール等がなかなか届かないということがございましたら、お手数ですがご連絡いただけますと助かります。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。



4943.jpg


以下の4タイトルを 目録 に追加しました。

●エッセイ他/海外
「娯楽としての殺人」 ハワード・ヘイクラフト
「推理小説の歴史はアルキメデスに始まる」 フレイドン・ホヴェイダ
「クイーン談話室」 エラリー・クイーン
「シャーロック・ホームズ(名探偵読本1)」 小林司+東山あかね編




4935.jpg


以下の8タイトルを 目録 に追加しました。

●海外ミステリ・文庫/創元 横顔
「思考機械の事件簿 I」 ジャック・フットレル
「思考機械の事件簿 III」 ジャック・フットレル
「マーチン・ヒューイットの事件簿」 アーサー・モリスン
「ピーター卿の事件簿」 ドロシー・L・セイヤーズ
「アプルビイの事件簿 マイケル・イネス
「プリンス・ザレスキーの事件簿」 M・P・シール
「アブナー伯父の事件簿」 M・D・ポースト
「隅の老人の事件簿」 バロネス・オルツィ


4934.jpg


以下の5タイトルを 目録 に追加しました。

●国内ミステリ・単行本
「予言の島」 澤村伊智

●国内ミステリ・文庫/春陽
「空中紳士」 耽綺社同人

●海外ミステリ・文庫/創元・猫
「そしてミランダを殺す」 P・スワンソン

●海外ミステリ・文庫/角川
「幽霊狩人カーナッキ」 W・ホジソン

●海外ミステリ・文庫/その他
「神の灯」 エラリー・クイーン


高円寺の古本&お酒の店 「コクテイル書房」が、ちょろっと見た目に手を入れました。


コク1

コク2


わっかるかな~?


何が変わったか。ぜひお運びいただいたところで、ご確認ください!



先日、ミステリ読みの友人たちとの飲み会がありまして。
今回はちろっとですが、高円寺の〈コクテイル書房〉にも顔をだしたのでした。

黒蜥蜴3

ストーブ復活。なんか、えらい寒い日だった…。


んで、品書きを見て最初に目にとまったのがこれ。

黒蜥蜴r1

最近お店で出している「文学ポテサラ」シリーズの一品。
今回は「黒蜥蜴」だそうです。

黒蜥蜴2

で、酔っ払いミステリ読みとしては、その組成を探る流れにならざるを得ず。
色は紫キャベツで出してるのかねえ、オリーブが入っているね、とかあれこれ話し合ったわけですが。
肝心の燻製臭の正体に迫る前に、すべてたいらげてしまいましたw
なんだったのかしらね。


かねてより、どのカテゴリに入れたものか悩んでいた、早川と創元の非ミステリ系文庫。
早川はなんとなく、そのときの気分で「海外ミステリ・文庫/早川etc」と「その他の本/小説」に入れてたんですが(結果、SFとNVは両方にバラけてしまっていた…)、この際、SFも含めてハヤカワ文庫は前者にまとめてしまおうと思い立ちました。

そうなると創元SFだけ「その他の本/小説」に置いておくのも不自然な感じになったため、新たに「創元・etc」というカテゴリを作りました。
最初からこうしておけば良かったのですが、非ミステリ本がこれほど増えるとは思っていなかったもので。

ひとまず移行も済ませたところで、今回のアナウンスとなった次第。
よろしくお願いいたします。

※ポケミス態のハヤカワSFは、引き続き「その他の本/小説」に留任になります。